夏の室生寺。 その1
b0025850_01498.jpg

近鉄 室生口大野駅から、奈良交通バスで14分。「室生寺」バス停下車。
バスを降りると、室生川の川沿いに 土産物屋や旅館の並ぶ通りを
歩いて室生寺に向かいます。暑いので、ほとんど人がいませんでした。

b0025850_061821.jpg

そして徒歩5分ほどで、朱色の太鼓橋へ。
この橋を渡った対岸が、室生寺の広大な境内。
正面の本坊の表門からは入れないので、渡ってすぐ右手に折れます。

b0025850_095290.jpg

仁王門
室生寺の参拝者が最初にくぐる 大きな門。
門の手前に受付があるので、拝観料を納めます。(大人600円)
季節によって受付時間が短くなるので、ご注意ください。


b0025850_013579.jpg





仁王門は、近代になって再建された為
比較的まだ新しい感じがしますが
山の緑に映える 鮮やかな朱色が美しい。



b0025850_017534.jpg




そして、門をくぐると地面に落ちた
木蔭に目を奪われました。
葉っぱの一枚一枚が影になり
まるで絵画のようでした。



b0025850_020345.jpg

続いて、長い石段の鎧坂(よろいざか)へ。
その先には、国宝の金堂が見えています。
ここから奥の院までは、山の中腹を登っていくことになります。

奈良時代から続く歴史を持ち、国宝の仏像や建築の数々、山々の自然を
誇る室生寺(むろうじ)。以前から、いつか訪れたいと思っていた古刹でした。
(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2011-06-18 00:39 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/15781238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 自然から学ぶ日。 室生寺までの交通。 >>