大和路の花の寺 長谷寺。 ■その3 本堂・礼堂
b0025850_2334583.jpg

399段の登廊をのぼった先には、巨大な本堂(国宝)が。
断崖絶壁に「懸造り」という舞台造で、せり出しています。
11月でしたが、1本の桜が咲いていました。

b0025850_23383467.jpg

上まで登りきったところは、広く平らになっていて 一般的な形に見えますが
外陣の礼堂(らいどう)の前面が、外舞台になっていて
正堂と礼堂が組合わさっている複雑な形の本堂です。

b0025850_2341836.jpg

こちらが、その礼堂を外舞台から見たところ。正面入母屋造本瓦葺。
左右に間口が大きいので、画面に収まりません。


b0025850_23461761.jpg





外舞台の端から見える景色が
絶景で、とても有名なので
それはまた次回に。
長谷寺で最も印象的な風景です。





b0025850_23502240.jpg




外舞台のある礼堂も国宝
現在の本堂は慶安三年(1650)
徳川家光公の寄進により再建。

横から見ると 結構怖い。



b0025850_23523811.jpg

外舞台から、境内全景や門前町を見下ろすことができ 気持ちが良い。
舞台造りとしては、かなり大きな規模だと思いました。
誰も写っていないのは、閉山時間が近かったことと 紅葉のピーク前だったから?


b0025850_23561163.jpg

ご本尊 十一面観世音菩薩(重文)。
高さ10mあまりの立像で、外陣からは
お足元だけが見え 見上げるとお顔が!
圧倒的な迫力のある観音さま。
ちょうど目が合うような感じがします。

(写真はパンフレットより)



b0025850_001213.jpg

その観音さまの向いていらっしゃる方向は・・・。
光と風が通り抜け、そのまま外舞台へとつながっています。
自然に囲まれた 素晴らしい長谷寺本堂でした。
[PR]
by sumi2211 | 2011-08-30 00:12 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/16197491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大和路の花の寺 長谷寺。 ■そ... 今日は検定試験。@某大学の教室 >>