香港島・中環を社会科見学。 その5
b0025850_18501725.jpg

さて「オトナの社会科見学 in 香港」一行は、嘉咸街(Graham St.)を真っすぐ上り
荷李活道(Hollywood Rd.)との交差点に出ました。
なにげなくシャッターを押すと、正面の建物の1階ににはG.O.D.の中環店が。

香港風デザインの雑貨が人気のようで、場所は分かったので また次の機会に。
キャセイパシフック航空「香港スタイル」でも、G.O.D.中環店が紹介されています。

b0025850_194185.jpg

そのままさらに山側に上って行けば、SOHOと呼ばれる バーや洋風レストランの多い
エリアに続くのですが、そこまで行かずに 荷李活道を西へ。
荷李活道(Hollywood Rd.)については、2010年のレポートもご参考まで。


b0025850_19101513.jpg




中環(セントラル)など、観光客の多い
エリアでは 繁体字と英語の両方で標識
あるので 分かりやすいと思います。

駅・エリア・史跡・通りの名前などが
1つになっているので親切ですよね。



b0025850_19155689.jpg




通りを歩いていると、気になるのは
緑の郵便ポスト(信箱)。
ここでは、大型郵便物用と通常のものと
2つ並んでいました。
そういえば、滞在時間が短い香港からは
自宅にハガキを出したことがありません!
1度は試してみようかな・・・



b0025850_19195920.jpg





荷李活道の古い塀の上に生えている樹。
以前見た時よりも成長している・・?
足元の方までぐんぐん伸びていて、
やがてはアンコール遺跡のように塀を
覆うのではないかと思うほど。



b0025850_19273167.jpg





その一方で、目立つのは高層ビル
香港島では 狭い場所にも20階以上の
高いビルが沢山建っています。
場所が足りないため、小学校もビルの
中に入っているのを見ました。



b0025850_1931836.jpg

ふと立ち止まって見上げれば、高層マンション群
現地ガイドさんの話では、外国人のメイドさんを住み込みで雇っている家庭も多く
月収16万円以上?ある家で、最低賃金HK$3920/月(約42000円)を支払うという
法律があるのだそう。(最低賃金は法律により、年々上がっているようです。)

b0025850_19455970.jpg

香港のビル建設には欠かせない、竹の足場を運ぶトラック。
竹の足場は、持ち運びが軽いというだけでなく、暑い夏の香港でも 触っても
ヤケドしないんです、というガイドさんの話に納得。

街歩きに夢中なブロガーさんが、竹の足場に激突!するのを見かけましたが
竹だとあまり痛くなかったとか・・。いろいろ利点もあるのですね。
[PR]
by sumi2211 | 2012-12-12 19:53 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/19657075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hongkonggaffe at 2012-12-13 08:03
竹の足場、香港ならではですものね。足場を組んだり作業をしたりするための専門の学校がちゃんとあるそうです。だから熟練の技なのでしょうね。
アマさんを雇うには、月収16万円以上ある家であること・最低賃金は…などのことは、初めて知りました。なるほどそうなのですね。香港ってやっぱり衣食住の住の部分が、とても費用がかかりたいへんですね~。
自宅にはがきを出すのは、お薦めですよ。(笑)・・・帰国後にもう一度香港を味わえいますもの。毎回3枚ほどの費用や赴いたところなどの日記風のはがきを自分宛てに出します。ウチは東海地方ですが、投函した日から5~6日で自宅に届きます。ぜひ楽しまれてはどうでしょうか。(笑)
Commented by sumi2211 at 2012-12-13 23:38
こえださん☆
足場を組む専門の学校があるのですか〜。
確かにあれは熟練の技でないと、危険ですよね。
メイドさんの法律については、私も初めて聞いたのですが
香港には大勢いらっしゃるから よく話題になるようですよ。
最低賃金なので、もっと貰っている場合もあるのでしょうが。
自宅に旅先から絵はがきを送るのは良い記念になりますよね。
私も以前は長期旅行で何十枚も出したことがあります。
でも香港では忘れていた事に気付きました(笑)


<< 上環 文武廟での「三」。 &#... 香港島・中環を社会科見学。 その4 >>