人気ブログランキング |
緊張のフライト。 -飛べない理由は?-
b0025850_15325757.jpg

ロングビーチ空港、America West 6459便の機内へ。
わりと新しい機体で、シートなども悪くはない様子。
気分はもう「ラスベガス~♪」と浮かれて、おしゃべりなどしていた私たち5人。

ところが離陸予定の14:00を過ぎても、動く気配なし。
英語に堪能な友人の一言 「この飛行機、満席で重すぎて飛べないって!」
そこでやっと事の大きさに気づき、まわりを伺いました。

CA 「当機は、重量オーバーのため離陸できません。そこで6名のボランティアを募集
    いたします。降りてくださる方は、4時間後の次の便に乗ることができ、250ドル分の
    航空券(商品券?)もさしあげます。」
    ざわめく機内。すぐに降りる人はなし。
CA 「いらっしゃいませんか?300ドルさし上げますが・・・。」(おっ、値上げされた!)
    あまり重量に影響なさそうなスリムな2人が まず名乗り出たものの足りず。
CA 「国内お好きな場所までのチケットをさし上げますよ~。あと4名です!」
    しまいには、クルージングのチケットをくれと交渉を始める人や、荷物を下ろせと
    提案する人も出て、なかなか先へは進まず・・。30分以上経過。

どうやら 一人あたり約80kg(荷物込み)の計算のようですが、あきらかに この便には
体の大きな人が何人も乗っていました。おそらく 体重100kgを軽く超えているような。
「私たちが降りたって、一人分にならないよね。」
「あの大きな人、機内のトイレに入れなかったよ!」
「もしこれに乗れなかったら、夜のショーのチケットが無駄になっちゃうね・・・」 




*******************************************************
そしてついに、航空会社が強行手段に。
CA 「今から名前を呼ばれた方は、降りてください!一人目は・・」
   (ひぇ~、ロシアン・ルーレットみたい。怖いよぅ。)

b0025850_166316.jpg

幸い 私たちの名前が呼ばれることは
なかったのですが、一度積んだ荷物を
下ろしたりして 一時間遅れの離陸。

本当に軽くなったのだろうか?という
不安を残したまま 飛び立ったのでした。
ラスベガスの滞在は、わずか28時間
の予定が 27時間に減ってしまい
かなり大急ぎの旅に。

満席という理由で飛べないなんて、
はじめて聞きました。これは珍しいですよね?
by sumi2211 | 2005-07-20 16:19 | Travel -6 USA etc. | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/3156584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gonburimo at 2005-07-20 21:54
ありえない・・・。重すぎて飛べない飛行機が世の中に存在するとは。
ともかくオーバーブッキングというのは良くある話ですが、それとはまた
別次元ですね。ロシアンルーレット式に選ばれた乗客はその後、どんな
態度をとったのでしょうか。そちらも気になります。
Commented by mo0621 at 2005-07-20 23:22
ひえ~、さすがアメリカ。何でもアリアリですね。しかも最終手段はロシアンルーレットなんて…。旅の1時間はとても重要!くやしい気持ちはよーく分かります。
Commented by marmitako at 2005-07-21 00:58
重量オーバーって!
荷物の重量は判ると思いますが、乗客の重さって判るんでしょうか?
それとも飛行機って、自重が判るのかな〜?

それにしても、「一人80キロ」は、どう考えても自国民を甘く見ている。
Commented by masemiho at 2005-07-21 09:34 x
飛行機の重量オーバーって以前テレビで見たことがあります!
確か体重を申告するんです。(その番組で取り上げたものは)
あ、思い出した。セスナだ。
でも大体の女性は過少申告しちゃうから重量オーバー。
小型でもジェット機だし、かなりの重量いけるはず。
よっぽどおデブちゃんばかり乗り合わせたんですね。
ほんと、アメリカならではの出来事ですね!!

SUMIさん、楽しく拝見させて頂いてます!
これからも頑張ってね♪
Commented by satokumi at 2005-07-21 14:08
おもしろーーーい!!びっくりですね~。まさか・・。
でも名前をよばれなくってよかったですね。
一人でもよばれちゃったら痛かったですものね。でも
日本人が一人降りたところで意味がないってきっと
向こうの人もわかったんでしょうね。それにしても
トイレに入れないくらい太ってる・・・すごいぞアメリカ!笑
Commented by sumi2211 at 2005-07-21 14:47
gonburimoさん★
本当なんですよ~。
だったら満席にするなよ!って怒りたくなりますよね。
しかも6人分というのは、かなりの誤差ですし。
選ばれた人は、意外にも大人しく降りていきました。感謝。
Commented by sumi2211 at 2005-07-21 14:48
mo0621さん★
この日は、夜のうちに観ておきたいものがいっぱいあったので
かなり細かくスケジュールを立てていたんです。このおかげで
夕食がバフェ(食べ放題)からピザに変わってしまいました・・。
Commented by sumi2211 at 2005-07-21 14:50
marmitakoさん★
どうやってわかるんだろう?って私も思ったんですが
前日の記事の一枚目の写真を見ると、飛行機を牽引する車が
ありますよね。それが引っ張れない重さだったのかなと。
詳しいことはわかりませんが。
Commented by sumi2211 at 2005-07-21 14:55
mihoさん★
お久しぶり~。いつもありがとう。
そうそうセスナとかヘリコプターは、体重申告制ですよね。
でもこれ、普通の旅客機なのでびっくりしてしまいました。
全員乗せておいてから降りろっていうのは、ひどい話。
まぁ、これも貴重な体験となりました。
Commented by sumi2211 at 2005-07-21 15:01
satokumiさん★
たぶん呼ばれたのは ご夫婦だったと思います。
団体の中の一人だけだと、ややこしくなりますからね。
トイレに入ろうとしてドアにつっかえた男性は、皆の笑いを
とっていました。でも降りてはくれなかったです・・。
旅先では何が起こるかわかりませんね~。
Commented by lasvegasmasa at 2005-07-21 15:02
大体250ドルから始まるよね、、これっていったい何なのだろう。

乗る前によくボランティアを募っているけど、搭乗してからってのは
アメリカウエストって結構やばいんだね。。。
Commented by sumi2211 at 2005-07-21 15:10
lasvegasmasaさん★
ボランティアを募るのは、アメリカではよくあることなんですね。
でもこの時は、全員着席して離陸を待っているときだったので
やばいと思います。今度は高くてもアメリカンにしようか・・なんて
思いました。
Commented by izola at 2005-07-21 21:54
これって結構ありえるかも・・・と思っちゃいました。
ヨーロッパでも国内線ではあきらかに重量オーバーやろ!
という相撲取り級の方々が狭ーいシートにぎゅうぎゅう詰め
な事多いですもん。
飛行機は初めから人+荷物で制限重量決めてくれないと
絶対不公平ですよねぇ。(笑)
Commented by sumi2211 at 2005-07-22 12:27
izolaさん★
国際線は、あらかじめ積荷(人)を多めに計算していると
本で読んだことがありますが、国内線はギリギリいたいですね。
しかも、もし普通運賃の人とディスカウントチケットの人がいる
でしょうし、どうやって選んだのかなって気になりました。


<< Long Beach→Las ... Long Beach Airp... >>