マラケシュの宿 オテル・アリ
b0025850_13231837.jpg

ワルザザートから
CTMバスで4時間弱。
アトラス山脈を超えると
とたんに平地が広がる。

そこはマラケシュの街。
久しぶりに見る大都市に
驚いてしまいました。


バスは新市街Gueliz)に到着するので、プチタクシーで旧市街の メディナmedina)へ。
ターミナルからフナ広場までは 20DH(およそ250円)。荷物代込みで ちょっと高め?
上の写真のように、マラケシュにはアスファルトに覆われた幅の広い通りが多く
車の排気ガスと熱気が立ち込めて 6月下旬でも真夏のような暑さでした。
向こうに見える高い塔(ミナレット)は、マラケシュのシンボル クトゥビアkoutoubia)。

*********************************************************
b0025850_1339053.jpg

まずは、ホテル探し。
中心地 フナ広場から一番近い
オテル・アリ Hôtel Ali

バックパッカーには有名な宿で
フロントはいつも混雑していますが
運よく3泊OKとのこと。
疲れていたので 即決!


b0025850_13463690.jpg

バスタブ・シャワー・トイレ・エアコン・インターネット
朝食付きで 1泊1室 200DH
ひとり1250円くらい。人気があるのも納得。

広い部屋ではないものの、窓を開ければ
フナ広場のざわめきが聞こえ
天井には、かわいいガラスのランプ

写真のパティオ(中庭)は、タイルが素敵。
バンダナとサングラスで怪しい私ですが・・。
(本当に暑くて眩しいので!)






b0025850_1352370.jpg
このホテルの一番の魅力は、立地。
フナ広場から徒歩30秒なので
道の複雑なメディナでも、迷うことは
ないでしょう。

タクシーの運転手にも「オテル・アリ」
で通じます。仏語でホテル→オテル。
[PR]
by sumi2211 | 2005-10-05 14:02 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/3575842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyutona at 2005-10-05 23:41
パティオの写真、sumiさんの身につけているものの色などがうまい具合に周りの風景と溶け込んでいますね!!一瞬人が写っていることに気づきませんでした〜!
モロッコは私もとても行きたい場所のひとつです。
またこちらでバーチャルトリップさせていただきますね♪
Commented by afoto at 2005-10-06 07:57
またモロッコへ復活ですね!パティオのタイルがまたたまりませんねぇ。
kyoutonaさんの書かれてる通り、本当にsumiさんが上手く風景に溶け込んでますね。
このベンチもタイルですか?座面は柔らかそうなので違うかな?
タイルづくし・・・また楽しみです。そして、このランプ!なんて可愛いんでしょう!
Commented by sumi2211 at 2005-10-06 14:12
kyutonaさん★
偶然、同じ色の服を着ていたんです。
私が映っている写真しかなくて、でも場所が素敵なので載せました。
久しぶりに写真を見たり、日記を読んだら 私もバーチャルトリップ
してしまいます。マラケシュの広場のざわめきが・・・。
Commented by sumi2211 at 2005-10-06 14:15
afotoさん★
ベンチは同じ色の布地でした。暑くなければ、ごろんとお昼寝
したいくらいの長~いベンチ。マラケシュには、こうしたタイルの
小さなホテルが沢山あるそうですよ。
市場では、ガラスのランプも売っています(持ち帰りは大変ですが)。


<< 不思議な ジャマ・エル・フナ広場。 モロッコ紀行 2004 再スタ... >>