水牛車に乗って、島を周る。
b0025850_2333437.jpg

竹富島の集落をぐるりと一周する水牛車は、観光のハイライト。
水牛車観光には、新田観光さんと竹富観光センターさんの2社があります。
どちらも内容はほぼ同じですが、ルートは少し違うそうです。大人ひとり1000円

b0025850_23145018.jpg

今回は、レンタサイクル(丸八さん)に近い
竹富観光センターさんで申し込みました。
夕方16時出発が最終と聞いていたので、
30分ほど前に行ってみると 16時の回はもう満員
なので 16:20にもう一台出すとのこと。
島に着いたら、早めに時間の予約を入れておいた
ほうが良いかもしれませんね。

最終回だったので、乗客は6人だけで
大きな水牛車に乗ることができました。
(混雑時は20名以上乗ることがあるそう!)


b0025850_23225856.jpg

ガイドのお兄さんが、三線の弾き
語りをしながら 集落の案内を
してくださいます。その間、水牛は
的確にいくつもの角を曲がります。
コースは全て記憶しているのです。
狭い曲がり角も、石垣にぶつから
ないで曲がる技術にも拍手!


b0025850_2330238.jpg

民謡「安里屋ユンタ」で謡われた
絶世の美女クヤマ生誕の地。
民家なので中には入れませんが
水牛車が前を通り、お兄さんが
歌を聞かせてくださいました。

ほかにも、縁側に座っていらした
100歳のおじいさんが手を振って
くださったり、水牛が道草を食べ
始めたりし 思わず笑顔に・・。


b0025850_23363467.jpg

およそ40分で、ゆっくり集落を一周し
戻りました。水牛のご機嫌次第で もっと早くに
終わることも、時間がかかることもあるそうです。

最後に、水牛の「皆治(カイジ)」くんと
一緒に記念写真を撮りました。
「お疲れさまです。どうもありがとう!」

受付で頂いた、竹富島の星砂
記念として大切に持っています。
[PR]
by sumi2211 | 2006-01-25 23:47 | Travel -7 Japan 05 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/4076333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by afoto at 2006-02-01 10:56
今頃こちらへお邪魔です。のどかでいいですねー!
”ナビィの恋”に出てきたような風景。縁側のおじいちゃんが手を
ふるのが、本当に似合いそうな雰囲気ですねぇ。
ガイドのお兄さん、ファンキーですか?(笑)。
Commented by sumi2211 at 2006-02-01 19:43
afotoさん★
竹富島を一言で表わすなら「のどか」かもしれません。
手をふるおじいちゃんとかシーサーとか、なんだか
アトラクション?と思ってしまうような楽しさです。
ガイドは若い方が多くて、ファンキーかも。


<< 本日のハワイアンランチ。 水牛車の通る道。 >>