チェンマイまでの寝台特急 ■その1
b0025850_1564044.jpg

カラフルな車体の表示を確認
して、予約した9号車へ。
バンコク発チェンマイ行きの
SPECIAL EXPRESS

1等は個室、2等は寝台車と
座席車があり、寝台には
エアコンありとファンのみの
車両があります。


b0025850_15171022.jpg


2等寝台 ACつき

19:40 ほぼ定刻でファランポーン駅を出発。
車内は見たところ普通の座席で、ハシゴは
あるものの、寝台はどこにも見当たりません。
一人ずつ向かい合って座り、中央に通路。
テーブルは、食事の時だけ 取り付けるもの。

チェンマイ行き2等寝台の車内は、8割近くが
欧米のバックパッカーで、地元の人は少なめでした。


*********************************************************
b0025850_1516563.jpg



21:00を過ぎると、係員がやってきて
次々と座席をベッドに組み立てていきます。
天井からは、収納されていた上段ベッドが下り
下段は、座席をパタパタと動かし シーツを
ビシっと。カーテンを取り付けて、できあがり。

カーテンには番号がついていて、閉めれば
プライベートな空間に。上段には読書灯も。
バックパックは棚にのせて、チェーンを。


b0025850_15333549.jpg
カバーの清潔なと、洗濯済みの大きな
タオルケットも配られて、気持ちの良い
ベッドとなりました。

トイレや洗面台も普通に使えて
各車両には見回りの乗務員もいて安心。
車内では、本を読む人・トランプをする人
など色々で、2人なら上下段で予約を
している人が多いようです。





b0025850_15442112.jpg
上段UPPER)は、座席を変形した下段よりも
横幅がせまいので 体の大きな方には少し
窮屈かもしれません。寝相の悪い場合も
危ないかも・・・?柵はありません。

なので、下段の方が少しだけ料金が
高いのです。エアコンは丁度良い温度で
明け方までぐっすりと眠ることができました。
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-24 15:58 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/4296273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y_flugels at 2006-03-24 22:44
日本では寝台車がほとんどなくなっているのですが、まだまだタイでは主流なんですね。そして警察もいる、しかも各車両!?それなら安心ですね。
Commented by sumi2211 at 2006-03-25 12:35
y_flugelsさん★
日本や韓国の古い車両が、タイで活躍しているそうですよ。
実際私も「秋田」と行き先の表示されたブルートレインを駅で
見かけました。なんだか懐かしいような気分でした。
警察なのか車掌さんなのかよく分からないので、乗務員に訂正
しておきましたが、治安はヨーロッパの寝台よりずっと良かったように
思いました。
Commented by mo0621 at 2006-03-26 12:31
おお~、私がクアラルンプール→シンガポール間で乗った寝台列車とほぼ同じ造りです。懐かしいなあ。私は下段で寝たのですが、上段は狭いんですね。。。私は電車の「揺れ」がたまらなく、寝台列車では普段以上に爆睡してしまいますよ~。
Commented by sumi2211 at 2006-03-26 22:17
mo0621さん★
マレー鉄道も同じような造りなのですね。列車でマレー半島縦断
なんて憧れます(オリエント急行はすごく高いんですよね)。
チェンマイは飛行機だと1時間ほどですが、のんびり揺られながら
旅情を味わえるので寝台で良かったです!


<< チェンマイまでの寝台特急 ■その2 旅のはじまりは ファランポーン駅。 >>