アンコール遺跡群 ■バンテアイ・スレイ その1
b0025850_14522398.jpg

遺跡の入口である 東門。 ここからは まだ寺院全体は見えません。
バンテアイ・スレイBanteay Srei)とは、「女の砦」という意味で 周囲は約400m。
それほど大きな寺院ではありませんが、アンコールの至宝とも言われる数々の
彫刻・文様・浮き彫りを見るために 郊外にあっても 多くの人が訪れていました。

b0025850_14592351.jpg

さっそく 東門の浮き彫りをクローズアップ。
分かりにくいかと思いますが、中央には ユーモラスな架空の動物の上に 象が3頭のり
さらにその上に 小さな神様がお座りになっています。

b0025850_157073.jpg





門をくぐると、まっすぐ参道が。
参道の両脇にも、沢山の石像や石柱。
赤色砂岩のため、敷石はとても色鮮やか。
目指す寺院は さらに奥です。


b0025850_15112592.jpg



石柱一つを見ても、この細かさ!
967年建立なので、かなり状態が
良い遺跡ではと思います。
そして、驚くのはまだこれから・・・・。
(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2006-07-23 15:17 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/5326121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アンコール遺跡群 ■バンテアイ... 遺跡のそばの オアシス? -バ... >>