2010年 05月 21日 ( 1 )
高千穂神社で 夜神楽を観る。
b0025850_20301627.jpg

松明の揺れる炎と、森の暗闇に浮かび上がる神楽殿。
宿泊していた今國旅館さんから 夜に送迎バスで高千穂神社へ。
高千穂神社では、毎晩8時から 夜神楽(よかぐら)を観ることができるのです。

b0025850_20341957.jpg

夜になると、それぞれの宿から車で 宿泊客が集まって来ます。
神楽殿は、100人以上は入れる広さで 結構沢山の人が集まっているのには驚き。
本来の伝統的な夜神楽は冬期のみですが、この観光神楽は 年中無休で
町の人によって行われています。鑑賞料は、わずか500円

b0025850_2040434.jpg

神楽殿の中に入ると、正面にはこのような舞台が。
能舞台のように屋根がついていて、一段高くなっています。
神楽とは、神様に奉納する舞なので しめ縄やお飾りも。

b0025850_2042448.jpg

紙の短冊で作られたお飾りの 細かいこと!
初めに高千穂に伝わる夜神楽の解説を聞き、33番のうちの4番をコンパクトに
1時間ほどで見せてくださいます。太鼓のリズムや笛の音と共に、登場するのは・・・

■ コミカルで親しみやすい夜神楽でした。
[PR]
by sumi2211 | 2010-05-21 21:04 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)