人気ブログランキング |
2011年 09月 19日 ( 1 )
長野 善光寺参り ■その2 本堂
b0025850_173543.jpg

山門をくぐると正面には、善光寺の本堂(国宝・江戸中期)が。
こちらの本堂も度々焼失していて、現存するのは1707年に再建されたお姿。
ご本尊・一光三尊阿弥陀如来は、552年仏教伝来と共に百済から伝わった
日本最古の仏像といわれ、現在は絶対秘仏とされています。

b0025850_1141014.jpg

本堂は、総檜皮(ひわだ)葺きの二重屋根は 日本一の規模で
ぐるりと横にまわると、驚くほどの奥行き(54m)!
正面から見た姿とは、また印象が変わります。


b0025850_1191994.jpg



本堂外陣は 自由に拝観できますが
内陣に上がるのは、拝観料が必要。
その内陣券で、内々陣の地下に入り
お戒壇めぐりもすることができます。


1人だったので怖い気持ちもありましたが、勇気を出して お戒壇めぐりの入口へ。
地下へと続く階段の先は、真っ暗で 右手の壁に沿って暗闇を歩きます。
いくつか角を曲がり、中盤にかかると 秘仏のご本尊と繋がる錠前に
触れることができます。私も無事に錠前を探り当て、明るい地上に戻りました。

この善光寺のお戒壇めぐり、規模が大きく 真の闇なので、かなり怖い
お寺によっては少し明るい所もありますが、そんなことはなく 途中で不安に
なるくらい長く・・。複数人で声を掛け合うほうが 安心かと思います。
もちろん肝試しではありませんが、案内には「ご本尊と結縁する道場です」とあり。

■ 寺だけど神社・・・?の不思議。
by sumi2211 | 2011-09-19 02:17 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)