人気ブログランキング |
カテゴリ:Travel -9 Japan 07( 146 )
岡山から京都へ。青春18きっぷ
b0025850_14245173.jpg

旅の4日目。
青春18きっぷ使用で移動。(1日2300円)

7:48 岡山駅発 JR山陽本線
8:55 相生駅 姫路行き
9:27 姫路駅 新快速・近江塩津行き
11:10 京都駅着

姫路〜京都間の新快速は、きれいな
シートで快適でした。(写真)
乗り継ぎは予め時刻表を検索しておきます。
参考:新幹線の場合1時間 7430円



b0025850_143022.jpg



京都駅から見える京都タワー
京都は父の故郷なので、久しぶりでも
帰って来たなぁという感じのする場所。
18きっぷで東京まで帰る前に、一泊
だけ立ち寄って 観光することに。



b0025850_1433020.jpg

JR京都駅から、地下鉄烏丸線で2駅。「四条烏丸」下車でホテルへ。
この辺りは、大きな銀行やデパートが並び、賑やかな河原町もすぐお隣。
四条通りを、河原町とは逆に西へ 徒歩6分。


b0025850_14385399.jpg


三井ガーデンホテル京都四条

お盆の京都といえば、ホテル代はピークで
大型ホテルの予約も取りにくい時期。
そこで、街なかのビジネスホテルを予約。

少し歩きますが、大通りなので迷いません。
地下鉄駅まで近いのは、観光や買い物に便利。
京都観光は、タクシー以外だと バスか
地下鉄と徒歩になるので、立地はとても重要!



b0025850_14421787.jpg

一階ロビー。館内全体的に、モダンにリニューアルした部分と
古いままの部分、京都らしさを出している部分がミックスしている印象。
続いて、お部屋をチェックします。
by sumi2211 | 2008-09-11 14:52 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(2)
倉敷 美観地区を歩く その7
b0025850_21202336.jpg

街の印象と言うものは、建物だけでなく 電柱や電線、看板、公共物など
端々によるところも大きいのではないかと思っています。
倉敷の美観地区で気になった、街のあれこれ。


b0025850_21251037.jpg






木製の看板に、屋根や獅子が。
つい上を見上げて歩いてしまいます。
建物よりも、看板が古く見えました。



b0025850_21274597.jpg






和洋折衷の灯り
新しい街灯も、レトロに造ることで
街並になじませているようです。




b0025850_21294831.jpg






公衆電話もこの通り。
美観地区には、古い洋館なども
あるので 違和感ありません。



b0025850_21322567.jpg




やはり一番印象に残ったのは、
なまこ壁柳並木の組み合わせ。
通りによっては、美しい石畳も
歩くことができました。

倉敷モノクロ写真館は、ここまで。
岡山経由で京都に向かいます。
by sumi2211 | 2008-09-09 21:39 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
倉敷 美観地区を歩く その6 
b0025850_1558476.jpg



夕方、少し早めのご飯にしようと
美観地区の路地裏にある 郷土料理屋へ。
中央通りに本店のある「浜吉」の姉妹店、
あちの郷 ままかり亭

ままかりとは、まま(飯)を食べ過ぎ
隣からままを借りてくるほど美味しい
という名のついた岡山の魚
入口はひっそり目立ちません。



b0025850_16245075.jpg




美観地区らしい、落ち着いた雰囲気。
あちの郷の敷地内には、ほかの店もあり
ままかり亭は、白い蔵の建物。

店内は、暖かみのある木造で 
カウンター席に座りました。
居酒屋であり、寿司屋でもあり。
広くはないので、夜は予約がおすすめ。




b0025850_1692219.jpg



あっさりとした はも酢
瀬戸内海の鮮魚もいろいろ。
鱧も安くて驚きました。



b0025850_16131119.jpg


名物の「ままかり寿司」。
ままかりというニシン科の小魚を
酢でしめています。6貫 840円
小さめで、いくつも食べられます。
ほかにも、ままかり料理多数。




b0025850_16194330.jpg



瀬戸内海の海の幸を堪能。
カウンターだったので、写真はあまり
撮りませんでしたが 何品か頼んで
お酒も飲んで 2人で5000円ほど。
また機会があれば、ままかり寿司を
頂きたいです。

■あちの郷 ままかり亭
倉敷市本町3-12 月曜休み
中橋から路地に入って徒歩1分ほど。
by sumi2211 | 2008-09-08 16:42 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(2)
倉敷 美観地区を歩く その5 倉敷市立美術館
b0025850_032361.jpg

美観地区から大通りを挟んで向かい側にある 倉敷市立美術館
展示が見たいわけではなかったのですが、建物が気になって訪れました。
場所は、倉敷中央通りと白壁通りの交差点すぐ。

b0025850_0364532.jpg

倉敷市立美術館は、もともと倉敷市庁舎として 建築家・丹下健三氏によって
1960年に建てられたもので、その後美術館として改築されました。
なるほど、コンクリートと石造りのロビーは あまりにも立派です。

b0025850_0413317.jpg

吹き抜けの広いロビーでは、床石の美しさや 大きな丸テーブルを眺め
階段を上ったりして、時が止まっているかのような静かな空間に浸りました。
2階の展示室入り口では 草間彌生さんの作品も、無料で公開。

b0025850_0522757.jpg

展示まで見る時間はなかったのですが、建築だけでも見る価値あり。
作品の代わりに、倉敷市のマンホールをスナップ。

倉敷市立美術館
岡山県倉敷市中央2丁目6番1号 月曜休館
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kcam
そういえば、この前に訪れた高松の「香川県庁」も丹下氏の設計でした。
by sumi2211 | 2008-09-07 01:02 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
倉敷 美観地区を歩く その4 倉敷民藝館
b0025850_1421672.jpg





美観地区内には、大小いくつもの
美術館や資料館があるのですが
その中で気になったのはこちら。

倉敷民藝館は、中橋のすぐそばにあり
江戸時代の米蔵を利用した建物。
入館料 一般700円



b0025850_14251784.jpg





小さな門をくぐると、両側に蔵があり
コの字型に連なる立派な建物です。
受付を済ませ、靴を脱いで上がり
順路の通りに進みます。
階段を上がったり下りたり、広い館内。



b0025850_14284391.jpg




展示品のほとんどが、初代館長
外村吉之介氏が収集したもの。
国内外の陶磁器・染織品・木工品など
暮らしの中の美しい物を集めています。

岡山のものばかりかと思っていたら
メキシコや中東の玩具などもあって
色々楽しめました。



b0025850_14332070.jpg

入り口付近の中庭に置かれている石仏や祠。
さりげない並べ方が良いですね。

b0025850_14371155.jpg

古い水道。民藝館には著名な美術品はありませんが、混雑していることもなく
味わいのある空間で 民藝の素晴らしさをゆっくりと鑑賞できるところです。
現代人が忘れかけている暮らしの美の感覚を、教えてもらえるかもしれません。

■財団法人 倉敷民藝館  岡山県倉敷市中央1−4−11 月曜休館
by sumi2211 | 2008-09-05 14:48 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(4)
倉敷 美観地区を歩く その3
b0025850_19364969.jpg

猛烈な暑さに、駆け込んだのは倉敷川のほとりの「おざきや」さん。
ごくごくと冷たい物をいただきましょう。

b0025850_1939431.jpg

グリーンティーと本吉備団子のセット。
ほんのり自然な甘さのきび団子は、一串100円。
美味しかったので、店内で焼いていた みたらし団子も頂きました。


b0025850_19413622.jpg



鯛ちくわや蒲鉾が有名なお店で
地ビールとのセットもありました。
おやつ時やちょっとしたお休みに!

倉敷 おざきや
美観地区内 川沿い
岡山県倉敷市本町5-29
本店は岡山市にあるそうです。
by sumi2211 | 2008-09-04 19:55 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
倉敷 美観地区を歩く その2
b0025850_14314348.jpg

倉敷川の両岸に、美しい街並が200mほど続いているのは壮観。
川から離れた路地にも、古い住宅や資料館が点在していて 美観地区と呼ばれる
エリアの広さにまず驚かされました。街のごく一部ではないのです。

b0025850_14383889.jpg

川のほとりには、大原美術館や倉敷民藝館のほか 飲食店や土産物屋も。
白壁の土蔵や商家が多いので、京都とも雰囲気が異なります。
人がいないと映画のセットのようにも見えますが・・。

b0025850_1442515.jpg

実際は観光客が多くて、とても賑わっていました。
角地に立つのは、元祖きびだんごのお店。美味しそうなものがあちこちに。

b0025850_14443176.jpg





和小物のお店も多く、楽しめます。
外が暑いので、涼しい店内は
どこも大混雑でした!

こだわりの看板やのれんを眺めて
歩くのも街歩きの楽しみ。
続いては、お茶やさんでひと休み。
by sumi2211 | 2008-09-03 14:49 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
倉敷 美観地区を歩く その1
b0025850_13272468.jpg

岡山県の倉敷は、かつて江戸幕府の直轄地「天領」であり 現在も
その歴史的な街並が保存されている 美観地区が残っています。
倉敷川の川岸には、柳と白壁の土蔵や商家が並ぶ風景。

b0025850_13344977.jpg

倉敷川の観光船。柳の緑がとても鮮やかでした。

b0025850_13371648.jpg

美観地区の中心には、石造りの中橋
ここで倉敷川がL字に折れているので、見晴らしが良いところです。

b0025850_13402149.jpg

川岸のベンチで、一休みするのも良いかもしれません。
この日は35度を超える暑さで、涼しいお店に逃げ込みましたが・・・。

b0025850_13414217.jpg

歩道から続く石段は、川面に降りています。
夏の太陽が、月夜のような モノクロの世界。

のんびりと倉敷の街並を歩きます。(つづく)
by sumi2211 | 2008-09-02 13:45 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(2)
岡山駅から倉敷へ
b0025850_17523711.jpg

岡山駅前のホテルに荷物を置いてから、倉敷までの日帰りの旅。
JR山陽本線 快速サンライナーでわずか14分 320円で到着です。

b0025850_17555566.jpg

あまり乗る機会もないので、車内の様子を記念に。
落ち着いたどこかレトロな雰囲気のサンライナー

b0025850_17572539.jpg

観光客も多い倉敷駅は、ホテルもあり大きな駅。
新幹線が停まるのは、こちらではなく「新倉敷」駅なのでお間違えなく。
歴史的街並保存地域は、駅から徒歩15分ほどのところにあります。
道は簡単ですが、歩くのが面倒な方はバスを利用された方が良いかも。

b0025850_181723.jpg

街並保存地域(美観地区)に入ると、通りを歩く人の多さに驚きました。
きっと観光バスで立ち寄る方も、多いのでしょう。
そこで、普通に撮影してもつまらなそうだと モノクロでスナップ。
しばらくモノクロの倉敷の街並み写真が続きます。
by sumi2211 | 2008-09-01 18:06 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
ホテルグランヴィア岡山に泊まる
b0025850_14284378.jpg

宇野港から、1時間ほどでJR岡山駅に到着。
ここ岡山駅は、初日に岡山空港から四国へ向かう前に通過した駅でもあり
また戻って来たわけです。まずは駅前のホテルに荷物を置きます。

b0025850_14311732.jpg

ホテル グランヴィア岡山は、JR西日本系列のホテルなので
岡山駅通路と直結していて アクセスはとても便利。コンビニもあり。
客室は8階〜18階、ウエディングも多いようです。

b0025850_14335452.jpg

スタンダードツイン 34平米。
9階でしたが、線路側ではない部屋で 静かでした。
スタンダードにしては、ずいぶんゆったり広さがあります。

b0025850_1438882.jpg

新しさはありませんが、通常なら 25000円〜のところ
各種割引で1室9800円という安さだったので 充分すぎるくらい。
エグゼクティブフロアなどは、リニューアルされているそう。


b0025850_14442183.jpg





洗面所も広くて・・



b0025850_1445559.jpg




ユニットバスもきれいです。
何より、連日とても暑い時期に
駅から歩かないのが助かりました。
詳細は http://www.granvia-oka.co.jp/

ここで荷物を軽くして、倉敷へ。
by sumi2211 | 2008-08-30 14:52 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)