人気ブログランキング |
<   2013年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
マンズワイン 小諸ワイナリーへ。 1
b0025850_0271439.jpg

こちらがマンズワインの小諸ワイナリー。敷地内では、ブドウの栽培から
ワインの熟成・瓶詰めまで行い、販売や試飲もしています。見学会も無料で参加可能。
今回は見学はせずに、レストランでのランチに伺いました。

b0025850_0352215.jpg

ショップの入っている建物の2階にある レストラン「ラ・コモーロ」!
芝生の庭や信州の山並みが見渡せる テラス席(写真)がありますが、7月は
暑かったので室内のテーブルへ。時々、観光バスの団体さんも入るようです。

b0025850_038284.jpg

小エビとスモークサーモンの冷製トマトパスタセット 1600円
新鮮な野菜とサーモンが美味しかったです。小諸では価格高めですが、スープ・サラダ
デザート・コーヒーもついています。私にはパスタが多いくらいでした。


b0025850_0434836.jpg



店内には、古いフランスの圧搾機
展示してありました。
一度は見学会のオリエンテーションを受けて
ワインの勉強もしてみたいです。

ランチでワインを注文することもできますが
レストランでいただくよりも お薦めは・・



b0025850_0471844.jpg

なんと1階のワインショップで、数十種類のワインの試飲が無料!
この日はすいていたので、店員さんが冷えたワインをどんどん出してくださり
赤5本・白5本・ロゼ・スパークリング・果実酒など、20種類近くテイスティング。

b0025850_0492970.jpg

好みを伝えればお薦めを教えてもらえますし、なんと手酌で飲み放題(笑)
小さなプラカップですが、アルコールに弱い私には充分で、帰りはポカポカに。
フルーティーで美味しかったワイナリーオリジナル品種を 2本購入

こんなに一度に色々なワインを飲み比べたことが無かったので、詳しくない私でも
好みに合うワインが分かり良かったです。5000円前後の高級ワイン試飲は有料。


ところで、「マンズワイン」というブランドは 日本の風土で美味しいワインを、と
1962年から あのキッコーマンが始めたブランドです。醤油メーカーが
その技術を生かして ワインを醸造するというのは面白いですね。

  * http://www.kikkoman.co.jp/manns/index.html オンラインショップも。
  * 小諸ワイナリー紹介ページ


お庭の様子や、敷地内の散策に続きます。
by sumi2211 | 2013-11-05 01:06 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)
小諸のブドウ畑。
b0025850_0223.jpg

昨年からお借りしている小諸の畑から、少し山側に歩くとこの景色。
遠くに見える市街地が、小諸駅周辺で 手前は農家さんの畑です。
7月に訪れた時に、母とちょっと近隣散歩に出かけました。

b0025850_041624.jpg

畑や田んぼの間を抜けて、どんどん山側に登って行くと 新しい道路が。
標高700m以上ある小諸の夏は、晴れても爽やかで気持ちが良いです。
空を見上げて深呼吸しながら、道なりに歩いていきます。

b0025850_054940.jpg

道路の山側には、浅間連峰の山々。小諸に滞在中は、毎日浅間連峰を眺めて
雲や霞の状態から天気予報。天気が悪いと姿が見えなくなることもあります。
一番右端(東側)が、浅間山です。

b0025850_091051.jpg

誰ともすれ違う事無く、10分ほど歩くと あちこちにブドウ畑が。
小諸は、水はけと陽当たりの良い浅間連峰の斜面にあり ブドウ作りにも
適しているのだそうです。7月上旬だと、まだ枝ぶりは小さい様子でした。

b0025850_013171.jpg

このブドウ畑は、「マンズワイン小諸ワイナリーの畑。
畑の先に見える白い建物が、小諸ワイナリーです。
前から行ってみたいと思っていたので、お昼に訪問しました。(つづく)
by sumi2211 | 2013-11-02 00:16 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)